夏の終わり。

6週間。ほんっとに楽しい夏休みでした。
去年は桜のシーズンに帰ってきて、今年は夏。
花火もみたし、BBQもしたし、川にめだかをとりにいったし、盆踊りで初めて踊ってみたし、
思えば夏らしいことぜーんぶしてしもた。

改めて自分の育った場所、家族を大切だと思い、
友達は、いつまでも刺激しあえたり、
想い出を共有できたりする、特別な人たち。
1年ごとに皆に会うと状況が変わったり、変わらずだったりと人それぞれだけど、みんな
「おかえりーっ。」と迎えてくれる。
そんな家族や友人たちが元気で待っててくれるのは、とってもうれしいんです。
遠くに住んでいても、つながってるんだーと、心励まされます。

このブログも毎日のように書くことが山のようにあったけど、ぜーんぜん追いつかなくて、
きょうはだから一挙まとめて公開!?

ご近所の仲良し夫婦さんにご飯においでと、誘われた夜。
たっくさん新鮮でおいしいものをごちそうになった。
f0231288_1542674.jpg
f0231288_15423716.jpg

びっくりしたのがスナップパイナップルというパイナップル。手でちぎって食べる!おいしかった。
夫婦ご自慢のウン十万?のメロン。これもうまし。
ゆで卵とアスパラの春巻きもおいしかったし。
二人とも今は、執筆活動をしておられて、毎年夏は避暑地で過ごしているというなんともうらやましい
夫婦。来年はイギリスを考えているみたい。
f0231288_15432818.jpg

すごくさっぱりしていて仲のいい、ステキなご夫婦なんです。考えることも独創的で、おもしろい。
きてくれたらいいなー。

この日は、学生時代にバイトしていたマスターのお店に昔のバイト仲間で遊びにいった。
マスターとの出会いは私が高校生のころ、バイト募集の張り紙をみて、中に入ったら、
鶴瓶によく似たおもしろいおじさんがいて、にこにこ笑って、
「オレンジジュース飲みや。」
と、言ってだしてくれ、2,3こ質問されて、
「オッケー。ほないつから入れんの?」
で採用。それ以来イタリアンだったお店がいきなり、
「今からはベトナムや!」でベトナム料理になり、
相当おもしろい職場で、ありえないぐらいいろんなことが、
10代の私には刺激的、いや衝撃的だった。
マスターもきづけば60歳間近。
それでもまた2,3年まえに新しいお店をだしてがんばってる。
その名も万歳食堂。http://banzaishok.exblog.jp/
昔からおっしゃれで、音楽と漫画をこよなく愛するNは、幸せな結婚をして最近娘がでけた。
京都のアンティーク着物やの店長のCはこの日も家にもうはいりきらん!と3年前から
いっていたのにもかかわらずまた着物を買っていた。
日中は会社で働き、フラメンコ7,8年踊りまくっているRはバイト時代に数々の伝説をつくったツワモノ。
こんなメンバーでわいわい、食べて飲んでしゃべって。
途中にマスターのおやじギャグがとぶ。
f0231288_1546193.jpg
この人たちの中に入ると、時間が逆流したみたいにいろーんなおもいでにトポンとつかって心地よい。
また来年。会いましょう。

ところ変わって八尾。
高校時代の友人に会いにいった。
f0231288_15493290.jpg

去年は会えなかったから今年は行くぞ。息子にも会いにくぞ。
私が渡英する前にあったとき、「今年は赤ちゃんがほしいからがんばる!」といって、
すぐに御懐妊になったO。
結婚してからとんとん拍子で出産。
ヨガの先生でもある。からか、何か強いオーラをかんじる。
正直でいて自然体なところがすっごくステキ。
久しぶりにあったのに、途切れることなくいろんな話をして、
息子くんは超かわいいし。また子どもかわええなあ。と思った。
夕方に帰るつもりがオットのTくんも一緒に奄美の飲み屋にのみ食い、
夏はおいしいね、この手の料理が。
ごちそうでした。
来年は私か、Oの二人目か!?
会いましょうね。

京都の大文字をみにいった夜。
エジンバラにいた頃、時をおなじくしてロンドンにいたKと、
去年ロンドンから本帰国したYの実家へ。
1年ぶりにあったY。この前あったときはタムワースに足を運んでくれた。
送り火まで時間があったので、鴨川近くのおばんざいやさんへ。
ここのごはん、どれもこれもめっちゃ美味でした。
しかもびっくりするぐらい安かった。たぶんおばちゃん間違ってたな。。。。
話はYの肉食ぶりとわが道を行く人生論!
こやつはやっぱりすごぉございました。
彼女の辞書に老いるとか出会いがないとかいう言葉はない。
キャイキャイ笑って、喋って、帰りの車の中でKと「やっぱりYはすごいな。期待っを裏切らんねぇー」
とまた笑って、大文字を見に行ったのかYの話を聞きにいったのかわからん夜でした。
おばちゃんも、さぞかしYの話にはびっくりしただろうな。
お客さん私らだけでしたもの。
楽しい夜をありがとう。
今度会うときはYはどこか違うところで狩りにでていることでしょう。

書き出すと長くなりすぎてしまうのでこのへんでひとまず。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-23 16:00 | 2010 日本の夏

平城遷都1300年祭、そして奈良燈火会。

今年は奈良が熱い。
気温じゃなくって、熱い!
奈良平城京1300年祭が今年いっぱい執り行われていて、
夏はいまや特に名物イベントとなった奈良燈火会もあるんだから、
これはキテルでしょう。

学校の日本史の時間に平城京があったってのは習ったけども、
実際、平城旧跡はだだっぴろーい場所なだけで、
ちらほらと遺跡?と思われるものがある程度。
桜がきれいなので、みんなでお花見にいったり、犬の散歩に行ったりしたこともあったけどね。

イギリスから友人が子どもをつれて、加茂に遊びにきてくれたので、この日は奈良観光。
皆から遷都祭の前評判を聞いていると、
「特に何があるわけでもないからねぇ。お店もないし。。。」
といまいちな反応だったのでそーんなに期待してなかったんだけど、
着くや否や、どどーんっと私達の前に立ちはだかる大極殿。
f0231288_214021100.jpg


いいじゃーんっ。
澄み切った空の下に聳え立つ大極殿は迫力満点。
この日も36度の猛暑ということもあって、お客さんはまばら。。
今だからこんな建物を造るって可能なことなんだろうけど、1000年以上も前に
一体どんな知恵を絞って昔の人たちはこんなものを建てたんだろう!??
中はちょっとした資料館みたいになっていて、天井や壁に描かれている絵がきれいだった。
ちょうど中心に天皇さんが座っていた御椅子があって、そこから外の眺めが見えるんだけど、
これがいい。
f0231288_21414370.jpg

f0231288_214244100.jpg

f0231288_21432436.jpg

前方には朱雀門。遣唐使の船。左手には東大寺の角が見え、その背には若草山。
もくもくと流れるような雲とぬけるような青い空。
まさに、この景色こそ聖武天皇が愛した場所なのでしょう。
こんな立派な椅子に座ってこの景色を眺め、何を考えていたんだろうねぇ。
まわりにお店も何もないかんじが逆に、この景色を忠実に再現されたように見えて、
ちょっとタイムスリップしたような感覚にとらわれた。
入場料もなし。JR奈良からシャトルバスありで、至れり尽くせりなので、ぜひ行ってみてほしいです。

次に向かったのは奈良町。
好きだなー。ここ。
この前の日記にも書いたけど。
この日は歩いていると、町家でショットバーをやっていたり、金魚すくいが出てたり。
思わず。。。

f0231288_2145561.jpg

f0231288_21453822.jpg

夕方になるとやーっと歩きやすくなってきて、夏の夜の、もわもわっとした空気に、
草のにおい、ピンク色の夕焼け。
それにこの奈良の街。。。最高!!!
f0231288_2146922.jpg

好きだわ。ここ。
燈火会もはじまって、雰囲気抜群です。
f0231288_21472846.jpg

f0231288_2146458.jpg


f0231288_21481835.jpg
もっと都会へ。海外へとの憧れが強かった
10代、20代の始め。
いまさらながら、こんなにいいところに住んでいたんだと気づかされる。
でも、それもたぶん、いろんなとこに住んでみてわかったことで、
今年は里帰りして、イギリスと日本を両方好きだなあと思う自分にちょっとびっくり。
いいとこだ。日本もイギリスも。
たくさん、日本のいいとこみてイギリスに持って帰ります。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-15 21:51 | 2010 日本の夏

三田アウトレット+有馬温泉

毎日何かしら、書くことがあって、イギリスののーーーんびりした
日常とは180度違う夏休み。
前の分を書かないうちに次の予定になるので、日記も駆け足です。

不意に妹と、今度の休みどっかいこうや。で、有馬温泉につかりに行くことに。
ちょうど、母の右肩が六十肩で毎日、いたい、いたいと言っているので、一緒に女3人で。
父は梅干し漬けの番人ということで今日は留守番。
有馬温泉に行くなら近くの三田というところに新しいアウトレットがあるというので
せっかくだから足を伸ばして行ってまいりました。
今年は、ポンド安だし、日本では買い物しない!と心に誓って帰ってきたのですが、
アウトレットの威力。。
安いし、広いし、イギリスでもそんな買い物もしなくなっていたのですが、やはり、昔の
買い物欲がひそんでいたのか、こんなとこ来るとどどどっとでるねぇ。
こういうときには、お金がほしいっと、思います。

ぶらぶら母と妹と歩くのは、なかなか楽しい。
やっぱり女同士はいいねえ。
あれでもない、これでもないといいながら、見てまわって時間をみたらもう4時!
まだ半分ぐらいしかみてないし。やっぱり1日かけて来るべきでした。
ってなわけで、そこから有馬温泉へ。

温泉地の何がいいって、温泉街の街並みが好き。
情緒ある小道や、雰囲気のいい店が立ち並んで、日本の中でも日本らしい感じが増すような。
f0231288_153586.jpg

ここのコロッケうまかった。
f0231288_15365991.jpg

懐かしい赤ポスト
f0231288_15381562.jpg

いいですねぇ、この店構え。
f0231288_15451131.jpg

赤茶色ですこしぬめっとしたお湯でようござんした。
肌すべすべで、歩きまわった疲れた足もすっかり楽になって、ラーメン食べて帰りました。
ええわぁ。ニッポン。
あと二週間です。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-10 15:46 | 2010 日本の夏

仙台の家族、加茂に来る。2日目。奈良公園でスターと遭遇。

二日目は、朝から今、アメリカの友達のところにいるピリップと
スカイプでテレビ電話。
3年ぶりに顔を見て話す、ピリップとFファミリー。
たっくさん、みんなの顔から笑顔がこぼれて、ほんとにみなうれしそうでした。
そのあと、鹿と大仏さんを見になら公園へ。
この日も暑い。暑い。
子ども達はすぐにばててしまうので、さくっと。
鹿せんべいをあげるも、手にした瞬間にえらい数の鹿にかこまれて
泣き出す妹、逃げる兄。
ありゃ、こわいわ。
わたしも鹿に後ろからせんべい、くれ。と服をかみかみされるし。
恐るべし、鹿!

そのあと、大仏さん見に南大門、大仏殿へ。
久しぶりにみる大仏さん。圧巻です。
立派だーっつ!と大人たちが盛り上がる。
小さい頃は確かに、まったく、お寺や神社、仏像には興味ゼロだったけど、
改めて大人になって、この奈良の街をすばらしいと思う。
なんでもっと早くきづかなかったかなぁー。
今行こうと思っても遠いぜ。奈良。

そうこうしているうちに、腹ぺこになった、育ち盛りの息子くん。
暑いのもあってバテてきた。
仙台には餃子の王将が一店舗しかないらしく、しかも超行列。
そんなこんなで、F一家全員、餃子の王将に行きたい!とのリクエストに
応えて、いざ、王将へ!!
と、南大門をぬけて歩いていると、後ろから
パパが「じゅんちゃん、じゅんちゃん!」と、
ただならぬ様子。
振り返ると、「タカさん、タカさん。」と小声でつぶやいて、ちらっと横みると、
おやっ?とんねるずのタカさん、発見!
しかもまわりには3人の娘をつれて歩いてるーっ。
私もママも二人で「タカさんだ、タカさんだ。。」とうわごとのようにつぶやいてると、
タカこちらを見てにっこり。
もしやこれは超プライベートな家族旅行では!!ということは。。。保奈美さんがいるんじゃあ。。と、
思っているとその後ろを一人で歩く保奈美さんはっけーん!

う、うつくしすぎる。。。。。

全身黒で、日傘をしてあるいてたけど、すっごいきれーだった。
うっとりと見つめていると、こちらに気づいて笑顔で会釈してくれて。。
娘さんが「ママー。」と歩きよって、タカさんが普通に「ひるご飯をどこでたべるかだなー」と
あの特徴ある声で話すも周り誰もきづかず。
全然変装も何もせずだったけど、案外わかんないもんだなあ。
芸能人。。。。。やっぱ違うねぇ。
タカさんもすごい背が高くてかっこよかったし。
でも、普通のやさしそうなお父さんとお母さんでした。

その後、私達大人3人は、興奮しちゃって。笑
初めてあんなマジかに超大物みちゃったー。うひひ。
そういえば、東京のハリランでリリーさんも見かけたけど。
ラッキー。

無事に王将でたらふく食べて、お土産を買って、F一家、仙台に帰っていきました。
たくさん笑って、想い出です。たのしかった。
次に会えるのはいつかな。。。
ピリップと仙台にいけたらいいなあ。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-07 13:07 | 2010 日本の夏

仙台の家族、加茂に来る。1日目。

今日は妹の誕生日。
ハッピーバースディ。29歳になりました。
はやいもんだ。私と3つ違いの妹。
29歳で私は結婚したんだけど、彼女はどうなんでしょう??
毎日テレビみてぎゃははと笑って、ぐうぐうとよく寝る。
でも、久々に話すと、少し大人になったかなあと思います。

8月2日、3日と仙台から大好きな、Fファミリーが遊びに来てくれました。
私達が仙台の南光台、トウィンクル幸っていう乙女なネーミングのアパートに住んでいたときに
隣にすんでたF一家。

仙台の寒さと友達、家族のいない生活に、一撃されて何でこんなこときちゃった?と思ってたときに、
「お昼いっしょに食べよう?」「お茶しにこない?」
と、いつもトントンとドアをノックして
誘ってくれた妹と名前も、漢字も同じ、マユミさん。
この時、彼女は下の子がお腹にいたというのに、ほんとうによく声をかけてくれて、
私の仙台生活の出会いの原点がこの一家でそこからは
楽しい事だらけだった2年半。
息子くんも、私とピリップになついてくれて、よくみーんなで遊んだっけなあ。
去年は仙台で。その前の年は大阪にきてくれて。今年はなんと、うちの実家の加茂へ
家族旅行にきてくれた。

1年ぶりに会って変わっていたのは息子くんの背がのびた!また。
娘っこがまたおしゃべりになった!
やっぱり子どもの成長を見ると1年たったんだなあと実感します。
みんなこの旅行をすごく楽しみにしてくれていたみたいで、迎えるほうも、わくわく、どきどき。
お昼ご飯がまだだったので、みんなでお昼を食べて、おしゃべり。
でも子ども達はもう遊びたくって仕方ない。
「ジュンちゃんとバトミントンしたいっ」との、挑戦状をうけて、
この36度の暑いひる下がりにするも、30分で二人ともダウン。
その後も蝉取りしたり、シャボン玉を一緒に吹いたり、子どもがいるからならではの遊び。

息子くんが食べ盛りということもあり、うちに家庭菜園のある、お父さんご自慢の手作り別荘?
(と父は言う。)で焼肉。焼肉。

この小屋がF夫婦をうならせた。
「いやー、いいっ。いいねえ。おとうさん、最高ですよー。」の言葉にうれしそうな父。
息子くんが1日店長でたくさん焼いてくれました。うまいー。うまい。
f0231288_17192495.jpg

肉焼く父を背後から。
f0231288_1721277.jpg

食べるの必死。
f0231288_1723946.jpg

定年してからは毎日、畑仕事をする父が、休憩場所と称して、小屋を作ったのが3年前?
以来、ここでたくさんの畑仕事の友達、ご近所、ハイキングメンバー、会社のOBをつれてきては
夏は焼肉、中秋の名月のお月見会、冬はおでん、湯豆腐、除夜の鐘をききながらの年越し。
など、たまり場でいろんなことをしている父です。

とてもきれいなところにあるので、景色はいいし、手作りなかんじもいいんじゃないでしょうか。
ピリップはまだ来た事がないのですが、こんなの見せたらまた作り出しそうです。。。
クーラーはないし、電気も通ってないので暑い、暗い、静かーなんです。
おいしかったー。
幸せですね。
みんな大喜びしてくれました。
その後は、花火でしょう。
すいかも食べて、夏を満喫です。
息子くんはこの旅行記を宿題の作文に書くとはりきっていたし、
私もそうだったけど、子どもの頃の楽しい思い出はずうっと憶えているから。
今日はほんとに、お父さん、お母さんに感謝。
f0231288_172579.jpg

[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-05 17:36 | 2010 日本の夏

8月1日 PL花火大会

夏といえば、花火!それもPLの花火大会と小さい頃から決めている
私の家族。
この花火大会、もともとはPL教の教祖が亡くなったときに、命日には盛大な
花火を揚げて、みなで平和を祈ってくれという遺言のもとに行われているらしい。
で、何がすごいかというと、まず、打ち上げる数が半端ない。
今では不況のあおりをうけてか、2万発ちょっとと、激減してしまったんだけど、
私の小さい頃は12万発もあげていたというからすごい。
お父さんはいつも私を抱っこして連れて行ってくれていたらしい。

打ち上げる時間も昔は2時間ぐらいあったけど、今では1時間ぐらいかな。。。
それでも、最後にあがるスターマインのすごさったらない!
核爆発!?かと思うほどのすさまじさ。
毎年色が変わって、最近は夕焼けみたいに真っ赤になるのが多かったけど、
ことしは真っ昼間みたいになった。
今年は3年ぶりに私、みたんだけど、後ろにひっくりかえった。
あまりのまぶしさと、爆音に。
いつも終盤が近づくと今か今かとみんなのテンションがあがって、
父さんはいっつも、「きたきた、これやでー。これこれ!!」と言いたいらしいし、、
まわりも、おんなじことを言ってて笑える。

元はといえば、うちのお父さんは無類の花火好き。
私が仙台にいるときは、仙台をスルーして、夜行バスの車中2泊、現地0泊という
わけのわからない、強行スケジュールでで秋田の「大曲花火大会」を
見に行っていた。
私もあのときばかりは、びっくり。
どんだけ、花火好きやねん。
その花火好き遺伝子が私と妹に。。。
去年はイギリスの花火大会にお金をだして、見にいったけど、
ものたりん。。

いろんな花火を見てきたけど、やっぱり私もここの花火を見ないと花火を
見たという気分になれない。
今回夏に帰った理由の7割はPLの花火大会
今年は仕掛け花火を変えたらしく、すごくよかった。
父、妹、私の友Nさんでいったんだけど、
とにかくうるさかったと思う。。
「きれい、やばい、めっちゃきれい」の繰り返し。
妹がカメラでビデオとってたのに、肝心の最後が、、、きれてる!!!
何かテンパってしまったらしい。笑
なのでこちらの方のビデオをお借りしました。
http://www.youtube.com/watch?v=8M7iIqmV8Uk&feature=related
行ったことな人がいたらぜひ、一度間近で見て!
すごいから、ほんとに。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-08-04 15:26 | 2010 日本の夏

TOKYO!! Day 4 Detox.

いよいよ最終日になりました。
起きると、外はすでに気温が上がって暑そうです。
Yちゃんとすんでいた頃。二人ともコーヒーが好きだったので、何かしら
コーヒー飲む?ってコーヒーを淹れて飲んでました。

ジュンちゃん、コーヒー飲む?
いつものかんじです。
f0231288_12324677.jpg

朝食は昨日Yちゃんがおいしそうな、天然酵母のパンやで買ってくれた、
マフィン、ローズマリーとレモンピールのベーグル、サンドライトマトのフォカッチャ。
パンも大好きでよく京都のパンやに散歩がてらぶらぶらと買いに行ってた頃をを
思い出します。
f0231288_12333167.jpg

そこへ旦那さんのCが来て、「これつけるとおいしいんじゃない?」と
封をあけてくれた、アルゼンチンのミルクジャム。
パッケージが可愛くて、濃厚なトフィーペーストみたい。おいしい。
アルゼンチンでは一家にひとつ必ずあるらしい。

日中、外に出歩くのが暑いので、映画を見に行くことにしました。
映画も、昔は大好きで学生の頃は映画館が近かったので週1で見にいってたのに。
イギリスにきてからはたったの2回。。。。
見るものが制限されるし、単館上映の映画が好きなので、うちの街にはそんな映画館もなく、
足が遠ざかっていました。
今日見た映画がこちら。。。 'Beautiful Islands'
http://www.beautiful-i.tv/index.php

気候変動の影響を直接的に受ける南太平洋の島 ツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島を
舞台にして、そこに住む人々の日常や失われるであろう文化をドキュメンタリータッチ描いている。

この3つの島、将来的に沈むといわれていて、ツバルは今世紀中に沈むといわれているらしい。
21世紀のこの世界に、いまもなおシンプルで無駄のない暮らしをしているツバルの人々。
愛に満ち溢れていて島を、島にあるもの全てを愛してやまないこの島の人々は、
私達のような発展国が失ってしまった人間としての大切なものを、大切にして暮らしている。

とてもいい映画だった。
私達の知っている世界とはほんの少しで、こうして温暖化や気候変動などの言葉は知っていても、
具体的に一体何が起こっているのか知らない人の方が多いと思う。
地球に何が起こっているのか、それを知ることがまず最初に自分にできること。
こんな映画がどんどん増えて、たくさんの人が事実を知ることができれば、
もっともっと、環境問題への意識は高まるのかもしれない。

映画を見たら、お腹が減って、何かたべよう。で、きまったのがそば。
暑い時は麺類に限りますね。
おいしい。
そこからゆっくり帰って、Yちゃんの家でまた話をして、
「あーなんか久しぶりにのんびりできたー。DETOXやわぁ。」
と、ぽろっと言う彼女ににやっとにやける私。
そうなんだよ。こういう1日の使い方をたまにはしないと、しんどくなるんだよなあ。

東京に来て、みんな一生懸命で、ひたむきに自分の思うところにむかって
突き進んでいてかっこいい。
たくさん嫌なこともくやしい思いもしていると思うけど、
その分、血となり肉となり、またその人を輝かせているというか。
それぞれの友人を見て思った。
苦労なんてしない方が楽でいいと思ったりすることもあるけど、
そんな人だからこそわかることや信じるものがあって、強い。

あー、私も帰ったらまたイギリスでがんばんなきゃなあ。
そういう友人がいるから自分を奮い立たせることができる。
ありがたいなあと、思います。
今回の旅はメンタル面での補給になりました。
ほんとうに、楽しい4日間ありがとう。
また会おうねー。みんな。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-07-31 12:35 | 2010 日本の夏

TOKYO!! Day3  京都401号室。仙台泉セルバ 再び。

ちょっと猛烈な勢いで日記をアップしてます。
なぜなら明日からまた飲み会、PL花火大会、仙台とイギリスからお客さんがきたりと、
目白押しで、このままでは東京記がすべて書けないっ!てなことで。

東京3日目。
今日は京都で5年前に思い立って一人暮らししたい病にかられて、
一人じゃちょっと寂しいから誰か一緒に住んでくんないかなあ?って
シェアメイトのWebサイトに募集をかけて、知り合い、そのまますんなり楽しく
烏丸御池のマンション401号室で生活を共にしたYちゃんの家にステイさせてもらいました。
あのときは私は仙台と京都をいったりきたりしながら派遣で働いたり、
とてつもなくやばい有名ブランドの買い付けという仕事をしながら、Yちゃんは大学に
かよって毎日卒業制作に明け暮れてたね。
なぜかフランス人のシェアメイトもいて。不思議な暮らしだった。
最近そんな彼女も、結婚。人妻です。
仙台に住んでいるときも何度か遊びにきてくれた、妹みたいな存在のYちゃん。
この前あったのは2年半前の私達の結婚パーティでした。

私が仙台に引っ越すと同時期に東京で仕事をみつけるといって行った東京。
出版社に入っていろんな下積み経験をして、
今では立派なフリーの編集者となり、とてもおもしろい仕事をしています。
最近ではカンボジアの孤児院の取材に行ったり、ボルネオでパームツリーのプランテーションの
話を記事にしたり。
世界のいろんなところで私達の知らない、環境問題、国際問題を、そうかとおもえば
東京のファームマーケットで食に関することを扱ったり、いそがしそうですが、
伝えたいことがたくさんあるといって、がんばっている姿は私にとってもすごくいい刺激になりました。

ちょうど月、火曜と休みをとってくれたので二人でのののーんびり。
これが私達401号室の、至福の時間といいましょうか。
一緒に住んでた頃、毎日のように、買い物にいって、何食べる?って二人で料理をしてたんだよね。
このときからだと思う。私が料理に目覚めたのは!!
食べたいものを作って、時間を気にせずに、好きな人と喋って飲んで、食事をすることの幸せ。

ということで、今日の夕食は外食も続いてたので一緒に家ごはん。
近くのスーパーで材料をかって、ワインを買って、準備OK.
どちらともなく、せっせと1皿ずつ作っていきます。
すごいなと思ったのは、あうんの呼吸でお互いの動作がかぶらない。
あっというまに夕食ができました。
f0231288_172825.jpg

今日のごはん。
ゴーヤとツナのチャンプルー。
アボガドとマグロの塩ゴマドレ。
油揚げのサテー
鶏と夏野菜のオーブン焼き。
ファルファッレパスタとトマトとジェノベーゼソース。
とまあ、バラエティに富んだメニューで。

家から5分に仕事場がある旦那さんのCも交えて再会を祝しました。
なつかしい。京都に舞い戻ったみたい。
あれから何年という歳月が流れていてもすっと昔と同じような雰囲気になるのは
とてもうれしい。

今日はもう一人ステキなゲストに会ってきました。
神保町の昭和のにおい漂う、喫茶店で、
珈琲。じゃなくてビール。
f0231288_17203890.jpg
f0231288_17211297.jpg

仙台のスターバックスのお店で一緒に働いたOちゃん。
同じ時期に入社して、遠距離の彼をおっかけてきた彼女。
状況も一緒だったのでよくお店の外のベンチでいろんな話をしました。
入社して1年半ほどすぎたとき、
「私はテレビの仕事がしたい! 作り手にまわりたい!」といって、
東京⇔仙台を就職活動しながらあっというまにテレビ局の仕事について、
一からいろんなことを学んで、今では、トップクラスの方々とお仕事をしています。

彼女はいつ会っても瑞々しいという言葉がぴったりで、女っぽいなあといつも思う。
さらさらっとこんな仕事をしているってびっくりするようなことを言うんだけど、Oちゃんが言うから
普通に聞こえるところがまたすごい。
仙台のお店からお互い、別々の道にたどり着いたわけですが、
「何にもかわらないよー。」と、かわいい声でいうOちゃん。
でも着実に強く、しっとりとした強さを備え付けてきたなあとおもいました。
まだまだ野望があるらしく、愛くるしいその見かけとはうらはらに次のことを考えているようでした。
締め切り間近に迫る忙しい中、駆けつけてくれてありがとう。

次はDETOXな1日と東京まとめ。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-07-30 17:25 | 2010 日本の夏

TOKYO!!Day 2 自由が丘~渋谷

たのしい1日目のあと、ゆっくり次の日おきて、Yちゃんの実家を出た後、
彼女たちの新居へ。
神奈川県の川崎市に住んでいるって聞いたけど、渋谷や表参道にでるのも電車で20分だし、
自由が丘は10分ほど。東京は地下鉄が安いし、どこに行くのもいろんな線が連結しているので
とても便利。

昼間は外にでるには暑すぎたので夕方になって、この日は行動開始。
自由が丘に連れてってもらった。
たくさん小さいお店がところせましとあって、服やさんから雑貨や、飲食店、バラエティに富んでた。
歩けば歩くほどおもしろい。。
残念ながら私はこの後、別の友人とご飯に行く予定にしていたので、ぱぱっとまわっただけだったけど、
今度はじっくり時間をかけてきたいなあ。

7時。渋谷のスクランブル交差点前のTUTAYAで待ち合わせ。
人、人、人。どっからこんなにでてくるんだ?ってぐらいの人の多さ。
ここにくると、めまいがする。
東京に来ちゃってんだなあ。私。みたいな。笑
ここで専門学校時代の友人Aくんと焼き鳥食べにいった。

同じ専門学校でグラフィックデザイン科を専攻していた、12年前。
このときから、彼の描く絵はちょっと違った。使う色、描く線、どれをとっても。
なんと表現したらいいのかわからないけど、一度みたら忘れない。

大阪の次は東京だと、上京して4年がたつ。ずっと、絵を描いている。
「絵だけで、食べていくの大変だ。」といいながら、
お金になる仕事はつまらない。
といってひたすら自分の信念をまげすに好きなように描いている。
絵を描くのがどんどん楽しくてなって仕方ないらしく、
個展をしたいから最近は大きな絵を描いているそうで。
「今さら他のことをするなんてできひん。意地やな、意地。」
いかにもAくんらしい。
自炊していて、夏のおススメのレシピを聞いたら、
「鶏の南蛮漬け」との答えに、二人で笑ってしまった。
けっこういいね、それ。って
自分の好きなことで生計を立てていくって、大変。
努力、忍耐、才能、運。
がんばってほしいなー。
いつか世界中にAくんの名前が知れ渡りますように。

名刺もらったので宣伝しときます。
http://www5.pf-x.net/ano/
いい友達だな。私。笑

次は401号室の住人に会いに。そして仙台で知り合った友人に会いに。
続く。。。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-07-30 13:04 | 2010 日本の夏

TOKYO!! Day 1 沖縄スナック

さてさて、茨城で温泉とおいしい魚介類を堪能したあと、
東京のYちゃんの実家に帰ってきました。
天然でぽわぽわーんとした笑顔がチャーミングなお母さんと
やさしい目をしたお父さんとYちゃんの旦那さんの5人でこれまた
おいしい食事をごちそになったあと、

「ジュンちゃんを連れて行きたい場所があるからもう一軒いかない?」
と、Yちゃん夫婦が連れていってくれた近くの沖縄スナック。

こちら元有名歌手のマスターがやっているお店で、小さいお店ながら雰囲気抜群。
いろんな泡盛がありーの、食べ物も「ザ・沖縄料理」で、いい感じでした。
私も久々に泡盛飲んじゃって、おいしかったなあ。
f0231288_18194890.jpg

スナックという場所って、けっこう好きだったりする。
その場に来ているお客さんとかみてるのが楽しい。。
リアルな人間模様が垣間見れたりするし。

そしてここのおススメはマスターがやるライブ!
三線で唄ってくれる沖縄の歌に、癒されて、力が湧いて。
ここに来てしまう理由がわかるなあ。
それにまた指笛が入り、お客さんの掛け声、カスタネットみたいな楽器と、
たまらなくいい雰囲気でした。
いくらでも聞きたかった。
楽しい様子はこちら。
f0231288_1821710.jpg


近くて遠い沖縄だけど
いつか絶対行ってみたいです。

めちゃくちゃ楽しい、忘れられない東京1日目となりました。
Yちゃんに本当に感謝です。
ありがとー!!
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-07-29 20:22 | 2010 日本の夏