Happy Wedding!!

先週末はウェールズに行ってきました。
お初です。なぜかというとピリップの昔からの友達、マークの結婚式です。
7年越しの愛を実らせたということで。。。めでたいっつ。
イギリスの結婚式はこれで4回目。
日本の結婚式とは少し異なって教会式、披露宴とその後のダンスパーティ
同じべニューでされることが多く、
なんといっても披露宴のあとのダンスパーティが続く続く。。。夜中までみんな
踊りまくりなわけで。
楽しみにして参りました!!

LUFFINという街のLUFFIN城というお城で、披露宴とパーティは行われました。
こちらの結婚式も様々で、私が前に出席した披露宴はテムズ川での船上パーティ、
ヨークシャーのハロゲイトという街のお城、
カジュアルなパーティをパブを貸しきって行うなど、人それぞれです。
そして新婦にはブライドメイトと呼ばれる女性達が脇に花を添え、
(通常は親友や妹、いとこなど新婦に親しい人が選ばれます)。
新郎からはベストマンと呼ばれる人がいます。
(この人は披露宴でスピーチをしたり、宴のオーガナイザー兼盛り上げ役)

土曜日の午後1時から式が始まり、セレモニーは40分ほどで終了。
今回は新婦キャットのお父さんがウェルッシュクワイアー(聖歌隊)に所属しているということで
彼らの歌がまたすばらしくよかったです。
ウェールズといえば歌がうまい人が多いんだよね。確か。
しかし、マークは男前だし、キャットも超かわいいし。美男美女だねえ。
f0231288_19572117.jpg

f0231288_2053168.jpg

後ろに陣取っているのがウェルッシュクワイアーの方々。
一人歌いだすとみんなそれに乗って楽しそうに歌いだす。
中には70歳をこえた人も。みんな20年、30年とやっているそうです。
海外にもコンサートで行かれたり
歳をとりながらもこうやって楽しく生きれるってすばらしい!

式の後はいよいよお城に場所を移して写真撮影。
f0231288_2032162.jpg

そしてなぜかここに孔雀が2羽。。
f0231288_2074150.jpg

ピリップといかにもバンドしてますな彼。
彼はこのあと自分のバンドを連れて曲を披露してました。うまかった!
f0231288_2094830.jpg


マークの妹お手製ウェディングケーキ。
f0231288_2015381.jpg


f0231288_2017729.jpg


今回の結婚式はとてもエンターテイメントでした。
クワイアーにはじまり、バンド演奏、そして本格的な打ち上げ花火と。
この後、パーティは夜中の2時まで続きました。

結婚式はいいものです。
カップルの人生で至福の1日を一緒にお祝いさせてもらって、
私も幸せな気分に満たされました。
二人ともお幸せに!!
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-04-27 19:26 | うれしい、ハッピイ

イースターホリデー 2010

いって来ました。デヴォーンへ。
テントやら、テーブルやら、いすやら、ぜーんぶ積み込んで車パンパンに行ったけど、
さ、寒い。。。。。
予想はしていたけど、ここまでとは。。

キャンプ場はのどかな田舎でファームの中にあったので動物がたっくさん。
しかしながら1日で断念してしまいました。
だって、だって寒すぎるわー!!
結局これじゃいけないということで計画変更!

北デヴォンシャーへ。
INSTOWというビレッジに宿をとり、のんびりとすごしました。
海が近かったので海岸線を歩くコスタルウォークとかしてみたり。
やっぱり海とか湖とか水のあるところ好きだなあ。

あとはlyntonとlynmouthという海に面した村。
ほんとにきれいなところだった。
イギリスのイメージは丘陵とか、緑、ファームとかいったかんじだったんだけどね。
海沿いもいいですよー!!
また戻って着たい場所のひとつにはいりました。

その後は2000年前にローマ人が侵略したときに作られた大衆浴場と寺院跡が有名な
バースの街へ。
キレイキレイとは聞いていたれども、ほんとにここ美しい街だった。
バース市街が世界遺産に認定されているだけあって
街並み、建築物、ランドスケープといい、
きゃあーーー。っという感じ。
たくさん観光客もいたし、お店もかわいい店がたくさんあって、行き交う人々も
ポッシュだしね、素敵でしたよ。
そしてなんといってもこのバースでの目的はその遺跡ももちろんのことながら
私たちはjamy oliver と river cottage(どちらもイギリスのセレブリティシェフが経営)
のレストランに行くというのが第二の目的でして、
楽しみで行ったけど、ジェイミーの方はがっかり。サービスは二重丸。でも味はいまいち。
こんなもんかあって感じだったなあ。
でもrivercottageの方は味もおいしかったし、値段もリーズナブルでよかった!
どちらも雰囲気は最高だったけどね!

と、まあ1週間ぐらいかけて行ったのですが
キャンプする予定でいったので出費がかさんで、大変だーい。
しかも来週には結婚式やら、出産もかさなってるし。
これはちょっと夏まで節約に走らねば。。。。まずい。
と、かえってきてから節約生活に勤しんでおります。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-04-16 03:01 | ホリディ

リラーックス。

イギリスはイースターホリデーの突入しました。
日本でいう春休みです。
我が家も明日から南イングランド、DEVONへ行って参ります。
ガールズはつれていけないのでお留守番。

しかし、私たちこの寒い中キャンプに行く予定でして。。。
誰が4月にキャンプにいくんだろうか。
しかも日本の4月は春陽気で温かいけれども今日の気温は10度。。。。。。
去年の今ごろ私は里帰り中で、桜、桜と心浮かれておりました。
その間ピリップさんとアーさんは10日間キャンプしたんだそうな。
いつも思う。ピリップは自分の時間をエンジョイするのが上手だと。
私だったら2日であー、さみしいって思って帰ってきちゃうよ。
そいうとこほんとにうらやましい。

ってなわけで今日は大掃除。
キッチンのタイルをブラシでゴシゴシ、壁をふきふき、
いつも手の届かないところをしっかりとお掃除できました。
掃除も大嫌いなひとつだったんだけど、今はリラックスする術のひとつ。
考えたくないこととかあるときに無性にごしごしと、
一心不乱で掃除していると頭がリセットされるというか。家もきれいになるし。
ほかにも私のリラックス法

。料理!!おいしいものは笑顔を作る!
。水泳 ストレスがたまるときというのは
エクササイズが足りてないことが私の場合多し。
。香り アロマオイルでも、キャンドルでも何でもいいの。
こっちにきてからこのYANKEECANDLEにはまっております。
f0231288_6221130.jpg

。買い物 だったんだけどね、悲しいことに最近は昔のように自分を着飾るほしいものにどんっとお金をだせません。
。そしてなんといってもこの方。アーさん。この子なしでは私のイギリス生活はございません。
f0231288_6232886.jpg


自分の癒し方を知っている人は強いなあと思う。だからいろいろ私も試しています。
今日は庭のカムバックしたハーブ(レモンタイム、マジョラム、オレガノ)を使ってラタトゥユと鶏のオーブン焼き。そしてまたクスクース。
写真がぶれる。。。。キレイな写真をとりたいよ。
f0231288_6162962.jpg
f0231288_6171687.jpg
f0231288_619180.jpg

f0231288_6201755.jpg

[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-04-04 06:28 | 日々のこと

Distance.

イギリスに暮らし始めて3年め。
それなりに楽しいし、
日本の暮らしと比べると時間がゆっくり過ぎているので楽だなあと思うこともしばしば。
ただ、やっぱり日本が恋しくなるときもあるわけで。
帰りたいなあって思ってもすぐに帰れない距離がもどかしい。

実家に今年15歳になる犬がいます。
足が短くって我が強くて、食べ物があるときにしか言うことを聞かない。
高校生のときに私が友達の家から電車で1時間半かけてもらいにいった子です。
その子が今一生懸命最後の力を振りしぼって病と闘っている。
毎日メールやスカイプで状況を聞いているけれども、実際どんなことになっているのか、
わからない。
私だけおいてきぼりになった気分。

家族みんなで看病している中
私だけがなぜこんな遠い国にいるんだろうと、ふと考えたりします。
答えは簡単。
私が決めたこと。ね。

これ、自分の両親が同じシチュエーションになったら
一体自分はどうすんだろう?と思うし、今は子供がいないからまだ身軽だけど、
子供がいたら学校だのなんだのって、
そう簡単動けなくなるんだろうし。
でもそんなとき、
「イギリスに住んでるからしょうがないよ。」で済ませれるんでしょうかね。
ってそんなの嫌なんですけど。
あまりこんなこと考えてもしょうがないし、
答えがみつからないから普段は考えないようにしているけど、
いつかはぶちあたる大きな壁。

今の私はとても中途半端だと思う。
こっちにはピリップとアーさんという家族があり、
日本には実家がありそこにも私の家族がある。
どちらも同じぐらい大切で尊いもの。
子供ができればまた自分の中の家族の形が変るんだろうか。
守らなければいけないものができたとき
私はもっと強くなれるのかな。
と、もんもんと考えた一日。

こういう日、学校というところがあって
勉強することができる環境にあって
よかったと思えるのです。
[PR]

by comfylifeinbriton | 2010-04-01 05:54