万能調理器と最近のおいしいもの

って何のことでしょう。
答えがこのストーブ。
昔からあるコロナの石油ストーブなんだけど、
これが暖かいのともうひとつ、
けっこう調理器具としていい仕事をしてくれます。

冬は電気代といいガス代といい、
夏場に比べると、一気に高熱費がぎゅーん。
なんとか少しでもセーブできないかなと思って、
はじめたクッキングON THEストーブ。
今ではほぼ夕食はこれで作れてしまってます。
f0231288_0211220.jpg

炒め物から、ポットローストのような、
かなり時間をかけて作るものまで
幅広くできる!
しかもガス代も電気代もいらないし。
いいじゃないですか。と、調子にのってるわたしです。
ローストだと、日本のオーブンでは一体何時間かかるやら。
でもポットローストだと比較的早くてお肉がほろほろになって。。
野菜も一緒にローストできるし、一石二鳥。
見た目は悪いけど、味は120点。
豚バラとりんごのロースト。
f0231288_0265024.jpg

そして31日はピリップの誕生日だったので、ケーキも。
あ、これは作ってないよ。さすがに。
f0231288_0284944.jpg

話はかわってこの佐賀の温泉豆腐、めっちゃうまです。
f0231288_024512.jpg

温泉水がついていて、それで豆腐を湯豆腐にすると、あら不思議。
とろとろの温泉豆腐になるのです。
おいしかったー。

今日は近くのコーヒーの焙煎所にお豆を買いに、
そして久々にミルクたっぷりのラテを
いただきました。
ここのコーヒー、ほんとうにうまい。
丁寧に淹れてくれるからなんか香りも
味わいも、そして温度さえも絶妙。
うちから車で5分もかからないところにあるので
非常に助かっています。
実はピリップのママが来てくれたときに、
ピリップが大量にコーヒー豆をオンラインで
オーダーして、3キロほどいろんなマメを持ってきてくれたんです。
それまでは、毎週のようにこちらで豆を購入していたんです。

大丈夫かいなと、思っていたわたしの予想は見事に的中。
どれもこれも浅煎りで私達の好みに合うマメがなくて、
これどうしたらいいかなって、頭を悩ませておりました。

それで今日、コーヒーやさんの彼に自分で浅煎りのマメをフライパンで、
ローストとかしてみたらどうなると思う?って聞いたら、
「あ!いいと思いますよ。」との返事。
「おいしくはならないと思うけど、酸味がぬけて香ばしさがでるから、酸味はぬけると思います。」
と助言をいただいて、
早速、この万能調理器で煎ってみました。。。
f0231288_0392571.jpg

が、寝る前で根気負けしたので
明日もう一度やってみたいと思います。
今日買ったのはお気に入りのChill Chillという名のお豆。

対照的に並べてみた、ピリップのマメとの色の濃さ。全然違うけど、わかるかなぁ。
f0231288_0384971.jpg

ナカヤマコーヒーさんのブログ。お近くに来た際はぜひ。
http://nakayamacoffee.blogspot.com/
明日の朝は久々においしいコーヒーが飲めると思うとテンションがあがります。
そして4回目の結婚記念日。
今週はおいしいものをたくさん食べれそうな予感です。
[PR]

# by comfylifeinbriton | 2012-02-02 00:40

新年早々

災難です。
うちのお父さん、先週玄関でこけて左足のひざを骨折。
そういえば、お父さんのつかってたつっかけが、
何か重くて使いずらく危ないなあって
思ってたんだ。
今週水曜日から入院して、木曜日に手術。
リハビリやらなんやらで、短くても2週間は入院ですって。
ヒィィーーー。
新年早々、やってくれました。
それでよくよく、こけた理由を聞いてみると、
この前、フィリップのママが来たときに、
やっぱり英語を勉強せねばと
感化された母。
そんなわけで注文した、
話題のスピー〇ラーニングの無料お試しCDが
届いて、その箱にどうやら割れ物のステッカーが貼ってあったらしく、
そんなことを知らない彼は、
こけた玄関の上がり口でこけたときに、脳裏に
「割れ物、われものっ。」と浮かんだらしい。
そして、ごつーんとひざを強打。

あいたたたーっ。と家中に響き渡ったそうな。
駆けつける母→転がってる父→母、頭を打ったのかと思い
「どこうったのー!」と叫ぶ。
実は去年、うちの両親と一緒にくらしている祖母が何度となく
入退院を繰り返していて、やっとまた平和がもどったかと思われた
矢先のことだっただけに、また母が動き回らないといけなくて大変。

母一言、「あんなんどうでもよかったのに。。。」
そうでしょうね。。
わたしも病院にいきたいんだけど、ユズキがいるので
父に絶対つれてきたらあかん。
といわれているので、おとなしくしてます。
うちの父といえば、家庭菜園に、勤務していた会社のOBたちと
毎月山に登ったり、果樹園やら竹炭やらいろんなことを近所の同世代の人たちと
いつもわきあいあいと、楽しくやってるんですが、どれも全部おあずけ。
ちょっとかわいそう。
早く直して、また元気に動き回ってほしいなと思います。

健康で日々を過ごせていることに感謝しなければ、
いけないなぁとつくづく思った今週でした。
[PR]

# by comfylifeinbriton | 2012-01-21 13:15

パンとジャム

今日も天気がよかったですね。
そんなんで、アーチィとユズキと午前中、
散歩してました。
そしたらなんか、春もそんな遠くないなあってかんじの、
そよそよとした風と日差しで、目をつぶったら、
すっごく気持ちよくて、しあわせな気分になりまして。
こっちではここずうっと毎日、晴れの日が続いているんですけど
朝なんてまだまだ寒くて、起きて戸をあけたら霜がびっしりと、
庭や前の田んぼにおりているけど、
それを見て
おおーっ、さむさむっ。
といいながら家に入るのもまたいいんだな。
天気がいいと心も晴れる。

霜がおりてからの、葉物のおいしいこと。
白菜、水菜、小松菜にほうれん草に。
くたくたーっとやわらかく油揚げと一緒に煮たり、
ロールキャベツのように肉に巻いて煮込んだり。
毎日食べても飽きません。

そしてまた毎日飽きないのがパン。
我が家の朝食。
イギリスにいたころはもっぱら、
わたしのお気に入りは
フルーツとナッツがはいった甘くないミューズリーと、
ブランフレークを半分半分。
それに豆乳をいれて
ぐしゃぐしゃかき混ぜながら食べるんだったけど、
こちらでは好みのもがない。。というかあっても高くて。
たまにポリッジを食べるけど、やっぱりおいしいね。
寒い日の朝は特に。
だから、最近は毎日パン。
それでこの前、無印をのぞいたらセールでパンを焼く型が半額でね、
半額だったら買って焼いてみようと思って、裏に載ってたレシピに忠実に沿って
作ったんですよ。
そしたら、それはきれいに、きれいに焼けました。
f0231288_23393965.jpg

そう。この瞬間、毎度やったーって叫びたくなる。
ふわふわで、味も噛むとしっかりとした味わいがあるっての?

いつからパン食になったんだろう。
高校生までは毎日ごはんを朝食べていた記憶がある。
うちのお父さんと私はごはん党。
いつも味噌汁、卵、納豆、つけもの、それにししゃもか鮭っていうのが定番だったような。
母と妹はパンで。
パンなんて朝食べても、すぐお腹がへるしなんてったってパンを食べたいと
思わなかったんだ。
でもいつからか、めっきりご飯を朝に食べることがへった。

パンにも前はほぼバターだけ、
もしくははちみつで食べることが好きだった。
これもイギリスでの影響か、突然ジャムが好きになった。
マーマレードなんて嫌いだったのに、
イギリスのB&Bで食べたホームメイドのマーマレードが
すんごくおいしくて以来、好きになった。
特にオレンジ、レモン、グレープフルーツの三種の柑橘類がはいったもの。
あとはブラックベリー、ラズベリーやら、ブラックカラントやらのベリー類。
そうそう、ルバーブもおいしいよね。
あの、庭の大きなルバーブはいまごろどうなってるだろう。
と、またしみじみとイギリスを思い出すわけです。

そんなわけで、今うちの冷蔵庫にあるジャムは
八朔、ゆず、柿、プリン。と不思議な感じです。
でもどれもおいしいから日替わりでいろいろ変えて食べるのが楽しみ。
それにフィリップのママが持ってきてくれたヨークシャーティを濃い目にいれて
ミルクティにして飲むのが朝の日課となっております。
明日はでも、ハムチーズをホットサンドにしてたべようかなぁ。
こうして書いてみると、どんどん不健康な朝ごはんになってる?
でも、やめられないんだよね。
[PR]

# by comfylifeinbriton | 2012-01-18 23:45

遅ればせながら

あけましておめでとうございます。
今年もウッド家をよろしくお願いします。

前回の日記からもう1ヶ月。
なんて時間が経つことの早いこと。
気がつけば、この日記の背景はクリスマスのままだったし、
いろいろと書くことはたっくさんあったのに。。。涙
実は2週間ほど、ピリップのママーンがイギリスから遊びにきていたんです。
クリスマスの後から来たので、今年はクリスマスをわくわく待つというよりも
ママーンが来ることのほうが、待ち遠しくて。

思えば、スカイプではよく話しをしたり、
カメラでユズキを見ている彼女ですが、
腕に抱くというのは6ヶ月ぶり。
寝るか泣くかしか、できなかったゆずきが、
大きな声でけたけた笑ったり、
いろんな表情を見せたりするので、
もうかわいくてしかたなかったんじゃないかな。
今回は滞在も短く、季節も冬ということで、
特にいろんなところへ観光というよりも、
わたし達に会いにきてくれたママ。
お正月の元旦は、
うちの実家でわたしと母のつくったおせちを食べて、
いろんな友達の集まる新年会に連れて行ったり、
かなり満喫してくれたようで
よかったです。

f0231288_22444891.jpg

お年玉に喰らいつくユズキ
f0231288_22453982.jpg

初のおとそ。
f0231288_22471458.jpg

もはや定番化したうちのお父さんの畑で焼肉
f0231288_2373693.jpg

f0231288_23914.jpg

いろんな日本のおいしいものを紹介したんだけど、さて、何が一番のお気に入りだったでしょうか?
答えは。。。とんかつ。
その次はぎゅうどーん。
さすがに、肉食であります。
イギリス人ってなかなか食に対して保守的な人が多いのですが、
ママは何でも食べてみるから
えらいです。
おせちもおいしい、おいしいとたくさん食べてくれました。

でもそうはいっても帰る日はくるわけで、
わたしもイギリスに住んでいたころ、
日本に里帰りして、イギリスに帰る日の朝の両親との別れがつらくて、
毎度飛行機の中でもめそめそ。
日本へ本帰国するとき、
ピリップは特に悲しそうなかんじもなく帰ってきたんですが、
今回は、違ったようでした。
やっぱりユズキとママーンをもっと一緒に時間を、
過ごさせてあげたいという気持ちで、
あふれていたんだろうね。
すごく、すごく悲しそうだった。
そりゃそうだ。
わたしだってすっごく寂しくて、
行き場のない悲しみで覆われてたもん。
わかっていることながら、
何で日本とイギリス、もう少し近くできないのかね。と、真剣に思いましたよ。
これも国際結婚のつきない悩みです。

そんなもんで、わたしの今年の目標は
ピリップに頼らずとも、自分の愉しみを見つける。
もうちょっと思いやりをもって人に接する。
友達の輪をひろげたい。

また何か楽しそうなお誘いありましたら、皆さんお待ちしております。
f0231288_2392928.jpg

[PR]

# by comfylifeinbriton | 2012-01-11 23:10

Christmasyな気分。

あと3週間でクリスマスとは!
街へでてぶらぶらするということが、激減したおかげで、
まったくクリスマスモードにならんっ。
どうしたことか。
イギリスでは10月ごろから人々の会話は
クリスマスディナーをどうするやら、ツリーはどうするやらで
12月になると、もうぐんぐん盛り上がってきているころだというのに。

これではいかんと思ってか、ピリップがかわいいミニサイズのツリーを買ってきてくれた。
あまりにも小さいので飾りつけもどうしよっかなと、
思っていたらちょうど、家にころがっていた松ぼっくりと、
Rちゃんからもらったタイのおみやげのシアワセになれるお守りで、
かわいいミニクリスマスツリーができた。
f0231288_23141487.jpg

それならリースも欲しい!
と、もとはキャンドルホルダーだったのを活用して、
これもまた白にペイントした松ぼっくりと
ピリップがいろいろと集めている箱の中から鈴をちょうだいして、
麻のひもでとめたらけっこうかわいいリースもどきに。
f0231288_23143441.jpg

もうひとつキャンドルホルダーがあるので、
これでまた違うリースを作るつもり。
作るって楽しいー何でもそうだけど、わくわくする。
ごぞごぞいろんなものを組み合わせたり、ひっつけたり、はなしたりしていると、
これまた新しいアイデアが浮かんできたりして、いいねーって1人でテンション↑↑

こういうものも、材料をそろえて作るとなると、買い物に行く時間がなかったりして
ずるずるとのばしのばしに、なってしまうんだけど、家にあるものでできてラッキー。
おかげで少し、Christmasyな気分になってきたぞ。

そういえば、先週行ったマーケットで空き缶をペイントしてハーブだとか、お花をいけていて
おおっ、これはおしゃれだ。
と、思ってすぐに空いたトマトとオリーブの缶を
スプレーペイントでシューッ。
ミントとレモンバームを掘り起こして入れてみる。
いいねー!
f0231288_23151259.jpg

トイレがあまりに殺風景だったのが、この前何かの本に、トイレはそこの家に住んでいる人の
センスが一番でるところだと書いてあった。
げげげ。かわいげも何もないうちのトイレ。
そう聞いては、何かせねば。
気になっていた痛いところをつかれた感じ。
ちょっとはましになっただろうか。

そんなわけで、昨日は一日クラフト三昧だったわけです。
ちなみに横でピリップはアーチィの巨大だったおりを半分の大きさに解体して
パソコンデスクの下にフィットインさせ、もうひとつ本棚を作っていた。
f0231288_23172414.jpg

f0231288_2317426.jpg

f0231288_2318626.jpg

どんどん、彼のDIYは進化していって大変助かっております。
[PR]

# by comfylifeinbriton | 2011-12-05 23:20